· 

どこまで戻るか秋の観光シーズン

今月から、嵐山という市内随一の大きな観光地での配達を担当しております。

 

 週末は賑わいを取り戻しつつありますが、平日はまだまだ落ち着いた感じです。

 

 写真の建物は嵐山の某高級ホテルですが、京都の宿泊客は2020年のデータでは、コロナ前の2019年から59.7%減。外国人だけで見ると88.2%減でした。という結果でした。秋だけで見ると昨年はGoToトラベルの影響で人出は多かったように思います。これが無ければ、落ち幅はこんな数字どころでは無かったのではないでしょうか。

 

 今秋はどうなるのでしょうか?昨年は秋の人流が第三波を招いたとも言われました。そこからの警戒心で昨年ほどの伸びは無いのか?それともワクチン接種が進んだ事の安心感で昨年よりも伸びるのか?

 

 酒を提供する飲食店に大きなダメージを与えた第5波でしたが、当然得意先も我々も大きな影響を受けました。

 第6波は来ると言われていますが、その波を小さくなるように思うと、観光シーズンはいらないとも思いますし、かといって観光シーズンでの回復が無いと、益々、廃業が増えていきます。だから6波と観光シーズンが重ならなくて良かったという、考え方もあるかと思います。

 

 大変複雑な心境で今年も秋を迎えます。

 

 

                齊藤