大阪起業家ミュージアムに行ってきました

以前から気になっていた場所だったのですが、日本の高度経済成長の礎を築いた偉大な創業者を取り上げたミュージアムに行きました。

世界に名だたる、あの一流メーカーも、あの流通商社、大新聞社や鉄道会社も、大阪のたった一人の情熱から生まれたのか!

 

しかも決して高等教育を受けた人ばかりでは無い!という事実を目の当たりにし、人間の力は凄いと素朴に感じました。

豊臣秀吉に政策に始まり、かつて大阪は『天下の台所』と言われ、日本の物価の相場が大阪で決まるなど、日本経済の中心でした。

 

 

 

 

そのような事業家が生まれる土壌があったので、大阪でこれほどの企業が生まれたのは納得です。

しかし、明治維新以降、首都が東京に移り、戦後の復興の中でも、たくさんに企業が東京へ流出してしまい、経済の主導権は完全に東京に奪われてしまいました。

 

身も心も関西人の私にとっては残念な限りです。。。

ミュージアム内は撮影禁止のため、入り口とパンフレットしか写真が載せられませんが、なかなか勉強になりました。

例えば、阪急阪神ホールディングスを創った小林一三が、東京に進出して創った東京宝塚。それが映画会社になって略されて『東宝』になったとか・・・。


関西私鉄が引かれた順番とか、
三大家電メーカーは全て大阪発祥とか、
(知っている人が多いなら自分は無知でした。すみません。。。)

15分程度のプロローグシアターもあり、一人づつ掘り下げるためには、一日では難しいボリュームでしたので、また行きたいと思います。

 

 

齊藤 剛

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Ito (火曜日, 06 10月 2020 05:44)

    こんな場所があったなんて知らなかったです。
    自分も是非行ってみたいです。