京都は開花宣言

例年より5日早く、京都と滋賀に開花宣言が出ました。

 今年は記録的な暖冬で、今年も雪が積もる事無く、春が早まった訳ですが、ウィンタースポーツ業界、特にスキー場はここ何年かは、苦しい状況ですね。

 

若者が車を持たないし、必然的に車で出かけるスキーやスノボーもしない。そして地球温暖化や暖冬。10年後には国内のスキー場は今より半減するかも知れないという推察もあります。

 なおかつ今年は新型コロナの追い討ちもありました。


 造幣局の『桜の通り抜け』や高校野球など全国的に有名な関西の春の風物詩が軒並み中止になってゆくなか、季節は巡っていつもの春がやってきました。

 写真の桜は、閉園中の太秦映画村入り口前の道路の桜並木のひとつです。

 

 

夜桜で宴会とはいきませんが、静かな太秦の明るい光のようです。

 しかし、ここを耐えて乗り越えてこそ、ホンモノだと思います。

 仕事がなく苦しい皆さん、どうかあきらめず仕事を続けて下さい!
 
 明けない夜は無いと信じて!

 

 

齊藤 剛

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ito (木曜日, 02 4月 2020 20:42)

    コロナで世の中本当に混乱していますが、これを
    乗り切ったら必ず良いことありますから、頑張りましょう!!
    配達先のお客様にもそういい続けています。

    最近のお客様との会話はこれにもちきりですね。
    でも、落ち込んだ様子なくお互いがんばろうな!!と声を
    掛けてくれるお客様を本当に頼もしくも思います。