秋の全国交通安全運動

今年も『秋の全国交通安全運動』が実施されました。

 今回は特に、昨今社会問題となっている高齢者ドライバーの事故防止に力点が置かれているようです。
 
 それに合わせ、我々の社内の取り組みとして今回も『ヒヤリハット報告』を行いました。

 この取り組みは、業務中、業務外を通じて、交通社会の中で、ヒヤリとしてハッと気付かされた事案や危険だと感じた場所、または見聞きした事例などを、社内で共有し、今後の安全運転に活かしていこうという取り組みです。

 皆さん、本当に丁寧に各々の体験などを報告されました。


 交通事故は会社の価値を下げるだけでなく、自らも他者(他社)も傷つけ、今まで築き上げた物全てを一瞬にして台無しにしてしまうあってはならない事です。今回もそのような自覚を感じる皆さんの発表でした。
 
 車はとても便利な文明の力ですが、リスクも伴うという事を強く意識してハンドルを握り続けなければなりません。

 

 

 

 

 

将来的には自動運転により、そのようなリスクは軽減されるとはいうものの、技術の精度や法整備、保険の問題など、まだまだクリアーしなければ問題もあります。

 私達が目指す『美しい運転』への取り組みはまだまだ続きます!

 

齊藤 剛