今年の京阪神は暖冬となりました

『今年の京阪神は暖冬となりました』

聞きあきたフレーズかも知れませんが、`平成最後の'冬が終わろうとしています。

何年ぶりでしょうか?
京都に全くといって良いほど積雪が無かったのは。車にうっすら積もる程度はありましたが、それでもチェーンを巻くかどうか迷うレベルでも無かったように思います。

我々、物流会社にとってはラッキーな冬だったと言えますが・・・。冬の京都は閑散期ではありますが、金閣寺の雪化粧など、冬は冬の情緒があり、それを心待にする観光客の方々も少なからずおられます。

今年は京都の冬を味わえない、我々にとっては拍子抜けの暖冬だったように思います。

しかし近年、暖冬はあっても`冷夏'という気象予報は、ほぼ聞きません!
これも地球温暖化の危惧なのでしょうか?
などと考えてしまいます・・・。


写真は春の訪れを知らせる、大阪の桜の名所、南天満公園のつぼみです。
ここも昨年の台風被害の爪痕が、今だ痛々しく残ります。太い桜の幹も根本から折れたりと、大きな被害を受けました。

しかし、今年もここはお花見でごった返すことと思います。