免許更新

先日、免許の更新に行って来ました。

残念ながら、今回の更新では、ゴールド免許での更新が出来ませんでしたが、次回の五年後の更新の時には、ゴールド免許での更新を目指したいと思っています。

話は変わりますが、我々の仕事は、免許がないと仕事が出来ません。

 

只でさえ、就労人口が減ってきているこのご時世なのに、免許を取得する人も、減り続けている状況なので若い世代の従業員を確保する事が困難な状況になっています。

 

人材がいないので、仕事を断ったり、会社を辞められている会社があると聞く事が多くなりました。

 

会社を継続させていくには、若い世代の人には給与面などの待遇も良くしていかなければならないのもありますが、働きやすい環境を整えて如何に魅力ある会社にして行く事と、誰にでも出来る仕事を作って行きシニア世代や女性が活躍出来るようにして行く事が急務かと考えての免許更新でした。

片岡健志

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ito (月曜日, 12 3月 2018 20:49)

    先日私の部署に新入社員が入社しました。
    このご縁は偶然ではなく必然のような気がします。
    しかし、せっかく優秀な方が来ても労働環境が整っていなければ台無しです。
    仰るように、働きやすい労働環境はもとより誰にでもできる仕事を作っていけるように主体的に取り組んでいくことが必要であると考えます。

  • #2

    齊藤 剛 (火曜日, 13 3月 2018 12:29)

    高齢者や重い疾病をお持ちの方による自動車事故の増加に憂慮して、運転免許の取得や更新時の基準をあげた方が良いのでは?という有識者間での流れがあるようです。
     しかし、今や自動車は贅沢品というより生活必需品の要素の方が強い気がします。
     そして、トラック輸送の需要は年々、高まってきております。ですから、いかに高齢者や主婦が安全に安心して働ける環境をつくり、且つ質の高いサービスの追究が、業界での生き残りには必要ですね。