イチローが目覚まし時計2つ用意するのはなぜか?

幹部勉強会で以下のような内容を学びました!
イチロー選手は目覚まし時計を必ず二個置いて寝るそうです。
「一個だと気がつかないで寝過ごしてしまうからでしょう」
と考えがちだが、
そうではなく、
イチローの理由はこうでした。
「一個でも寝過ごすことはありません。
でも、一個しかなくて途中で電池が切れたら危険だから、
 二個置いているんです」

電池が切れるのがいつなのかはわからない。
しかし、切れる時は必ずやってくる。
それが重要な時なら大変なことになるのです。

日常のそういう細かいことにまで気を使い、
準備をしているのだなあと感心したのです。
 
以上
 
※このレベルが日ごろから会社でいうところの用意周到・準備万端!と言えるのではないでしょうか?
自分の損得に関わることだけ、こういうことができる人がいます。
それはやはり、自分の事しか考えられない器の小さな人だと思います。
みんなのことを気に掛けたり、会社のことを気に掛けたりできる人が本当の「幹部」です。
人の支えになる「幹部」という意味です。。
 
組織のリーダー格たる器はイチローのように
気を遣い、気を配り、想定を繰り返し、行動に移せる人です。
イチローは個人プレイヤーだから、自分のためでは?と思うでしょうが、
自分のことだけを考えてる器の人がここまでのぼりつめることは絶対できません。
 
チームの為、親や兄弟や奥さんの為、また野球を愛する全ての人の為、
育ててくれたコーチや仲間の為、などなど幼少のころからその時々に必ず、
【誰かの為】という動機があります。
 
誰かに関わることだからこそ、すごく強い責任感が沸いてくるのです。
 
基本的に何につけても「多分大丈夫」という思考の人が多いと思います。
そこに根拠はありません。
 
それは、ただ、運任せ的な考えや、自分が直接被害を被らないから、
といった責任感の弱さから想定ができないわけです。
想定が出来ないから、当然行動も起こさないわけです。
 
そういう人にでも「もし〇〇〇になったら、1年間無給」といったら、すごい想定力で
凄い気配りと、実践力になると思います。
 
自分以外の誰かのために気配りや気を遣えない人に魅力はありません。
上辺で慕ってきてる人こそ居ても、心からその人に魅力を感じているか?といえば
無いと思います。 
 
魅力ある立派な人になるためには、仕事を通して、あらゆる人に気を遣い、あらゆることに気を回し想定を繰り返し、行動に移してあげることの繰り返しです。
 
自分と人と世の中の三方善の為に動ける人になりましょう!
 
 S・I