嵯峨鳥居本

この写真は我々の所在地である京都右京区にある「嵯峨鳥居本」という場所です。

この通りにはかの有名な化野念仏寺があります。

テレビのドラマや撮影などでよく出てきますね。

 

伝承によれば弘仁2年(811年)、空海が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのに始まるとされ、後に法然が念仏道場を開き、念仏寺となったそうです。

 

境内の約8000体という石仏・石塔は、明治36年(1903年)頃に、化野に散在していた多くの無縁仏を掘り出して集めたもので、境内には水子地蔵もあり、地蔵菩薩の縁日には水子供養が行われているようです。

 

しかし、このあたりは古い家屋が多く、お寺も多く、京都らしさを醸し出して

いる場所の一つです。

空気もきれいなので、この場所で景色を眺めて深呼吸すると気持ちがリセットされますよ。