今回は初の女性にご登場いただきました。
建野泰正社長の奥様として、
社業の発展を1番身近で支えて来られたこの方にお越し頂きました。
名前:建野佐和子

役職:常務取締役
入社:平成11年
座右の銘:仰いで天に愧じず
●まずトランスポートランという会社はどんな雰囲気の会社ですか?
一言で言うと、働きやすい会社だと思います。
社員同士のチームワークがよく、業務でわからないことも聞きやすく、又話しかけやすい雰囲気です。


●他社とは違う1番の良いところはどんなところでしょうか?

会社全体もそうですが、特に従業員それぞれが、お客様の立場になり、どんな諸問題にも真剣に取り組むところです。

 

これはどの企業にも負けない当社の誇れる素晴らしい姿勢だと思っています。
●社員に今後期待する事は何でしょうか?

 


私は4人の子を持つ母親ですが、子ども達に用事を頼んだ時、頼まれた事だけをやるのではなく、それ以上の事をして、相手を喜ばせてごらんと言っています。
「社会に出て、それができれば、相手から貴方は必要とされ喜ばれる。
何より、それが貴方の幸せに変わる
よ」
と日頃から伝えています。
やはり、それは当社においても同じで、我々は心の絆で結ばれた「大家族主義」を大切にしていますので、社員の方も我が子と同じ、というつもりでいます。
ですので、社員の皆さんにも日頃の仕事を通して、世の中の一人でも多くの方に喜んでいただき、ひいては、それが自分の幸せとなるような生き方をして頂きたいと思っています。
●仕事を通して嬉しかった事、辛かったことはありますか?
会社全体や従業員の皆さんが、お客様に良い評価をいただいた事を耳にした時です。
これは自分の事を言われるより、正直どんな事よりも嬉しいです。
反対に辛かった事、、、(しばらく考えて、、)

 

はあまり思い浮かびません。
どんな問題も前進できる為の必要な警鐘と受けとめています。
●10年後この会社はどうなっていると思いますか?
我々は創業から運送業として「モノ」を安全に確実に運ぶということだけに徹してきましたが、
現在は運送業を含む、総合物流業として、「モノ」を確実に管理し、加工し、出荷し、輸送し、販売し、という、「モノ」が動く全ての部門で、「モノ」の価値を高められる企業を目指しています。
今までどおり社員1人1人がそれぞれの責任、役割、使命を果たしていくなら、10年後は
「トランスポートランに任せよう!」と言って頂けるようなお得意先が今以上に増えていると思います。
素晴らしい従業員の方ばかりなので、きっとそうなると思います。

 

数年前の全体会合にて、社員から感謝の気持ちを込めてプレゼントをお送りさせて頂いた事があります。

 

 その時、佐和子常務は感無量となり、うれしさのあまり感涙されていましたね。

 

日頃は総務全般・またある時は自ら配送車両に乗務、ご家庭では4人の母親、、、本当に頭が下がります。

 

これからも温かく我々社員を見守っていてください。

 

 

佐和子常務ありがとうございました。