社内でインタビュー第3回目の今回は山田憲司さん編です。

 

 プロフィール

入社:平成9年
役職:営業部長

 

●入社されたきっかけを教えて下さい。


学生時代からサッカーをやっているのですが、前職を辞めたタイミングで、当時遠征先の福井県で行われた社会人サッカーの試合で高校のサッカー部の1つ上の先輩である社長にたまたま会い、独立したから、手伝いに来ないかと誘われましたのがきっかけです。

 

怖い先輩だったので、断る事も出来ず、、、

 

そこから20数年もの永きに渡り、お世話になっています。

 

 

 

 

 ●現在担当している業務を教えて下さい。


西濃運輸の下請けの山下運送で集配業務を担当しています。
もともと私1人でしたが、今は頼もしい後輩の森君と一緒に、今後も一台でも多く増車出来るように頑張って、お客様のサポートが出来る様に取り組んでいるところです。

 

 

 

●他社にはないこの会社のいいところ。


真面目で会社愛の強い方が多いところですね。
それが弊社の誇りでもある、定着率が高いところに出ているのではないでしょうか!
それとこの年齢になっても、社長が親身になり、愛情を持って叱って頂けるところです。


【チームは家族】がベースにあるので、居心地がいいのだと思います。

●自身が思う長所と短所。


自分の長所が何なのか分かりませんが、強いて上げれば、業務を早く理解して、正確に実行できる。
そして自分なりに効率や正確性を考えてアレンジ出来る事

反対に短所は自分が出過ぎてしまい、協調性にかけるところがあるところですかね。

●この仕事をやっていて一番嬉しかった事。


以前、滋賀営業所の所長として従事していた時に、京都の売上(同一得意先)を抜いた時ですね。営業所開設の際に必ず成し遂げる!と宣言した事が実現出来た時が1番嬉しかったです。

●反対に一番辛かった事。


京都本社と統合のため、滋賀営業所の閉鎖に伴い、それまで付いてきてくれた仲間に辞めてもらわなくてはいけなくなった時ですね。

 

あの時は自分の力の無さを痛感しました。


ですから、どんなに辛くてもしんどくてもあの
時の悔しさが、自分自身を奮い立たせている事は間違いないです。

 

 



●ご自身の今後の展望や目標があればお聞かせ下さい。


近い目標は4トン車を購入して、定期だけでなく、チャーターでしっかり収益をあげる
長期の目標としては運送や物流業とは全く別の業種で勝負してみたい気持ちもあります。
そして自分の周りにいてくれてる人達を幸せに出来る人間になりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(後輩より一言)


自ら立ち上げた社内ゴルフ部の活動や社員同士の飲み会を通じ、積極的に社員1人1人とのコミュニケーションを重視し定着率の向上に人一倍努力されています。
今後も我々後輩の良き兄貴分として、時に厳しく・時に優しくご指導頂ければと思います。