【永続的発展】

 

会社を永続させるには、人から感心されるようなことをやっていてもダメ、

 

そのくらいのことをする人はたくさんいる。

 

そうではなく、割りに合わないことを笑顔で進んで引き受けていかないとダメ。

 

その時に人は感動してくれる。

その感動に人は魅了される。そして、みんなから愛される。

 

お得意先にも、信頼、信用されるレベルではダメ。

 

尊敬されるレベルにならないとダメ。

 

お得意先に尊敬されるにはどうすればいいか?

 

お得先からお金をいかにもらうかだけを考えていて、尊敬されるはずがない。

 

お得意先を全力で良くする(愛する)ということを考えて、初めて、心を開いてもらい、

こちらも愛される。

 

その時、愛するという事はなんでも言う事を聞くことではない。

 

自分の最愛の子供のいうことをなんでも叶えてやるか?

 

そうではなく、その子の事を真剣に考え、その子の将来の為なら、

厳しくもする、優しくもする、、、これが愛するということ。

 

要は、自分の周りに、本当の愛を示せるなら、自分も周りから愛される。

 

愛するために、割りの合わないことも時にはしてあげつつ、三方が良くなっていくように

生きる。

 

これが、人から尊敬され、愛され、自分自身も永続的に発展していくということ。