幸福とは何ですか。何のことはない、

感謝して生きていることができる人間が幸福だったんです。

 

いくら金があったって、いくら物があったって、

いくら地位があったって、ちっとも感謝できない人は、

幸福になることはできない。

 

逆に物質的にいくら不自由をしても、

ありがとうという感謝の気持ちがあれば、

けっこう幸福になるものなんですよ、楽しくなるものなんですよ。

 

そういう気持ちもすごく大事だと思うんだな。

感謝したところで、太陽さんはべつに喜びやしませんよ。

 

感謝して得をするのは、実は君ひとりであるということを、

どうか忘れないでほしんです。

 

幸福になるか不幸になるか、自分が伸びるか伸びないかは、

諸君の心一つなんだ。他人じゃないんだ。

生きている自分をどのように大きくとらえ、

いま自分が生きていることに感謝できるかどうか、これ一つです。

 

わたくしがここで感謝する心が、きみを伸ばし、

きみを大きく育てていくだろう、といっているその感謝の対象は、

きみを生かしめているところの人間共通の

生命の「エネルギー」に対してなのですよ。

 

それは、けっして、単にきみだけの生命の原因の力ではない。

きみの友だち全部、いや生きとし生けるもの全部の生命の原因なのです。

 

地球に存在する全部の生命は、みな、この恵みによって生きている。

 

そういう、大きい生命の元について、きみが心から感謝することによって、

自分が人間であると当時に、大自然の子であるという自覚に至るのです。

 

この自覚こそが、きみを伸ばし、きみをもっと大きく育てるであろうと、

わたくしは言っているのです。

 

自分の人生を充実させていくのは、親でもないし、

先生でもないし、環境でもないように思います。

 

きみたち自身が感謝する心を持てるかどうかだと思うのです。

 

感謝する大自然を持つためには、自分で考えて発見しなきゃだめ。

 

それは、人が教えてくれるものではない。

 

自分でありがたいと思うものを、大自然の中に発見していくことなんです。

 

このみんなの共通の生命、みんな共通の恵みに対して、

 

感謝の心を育てることが、

実はわたくしたちの民族の「心の教育」だったんです。

 

「日本のこころの教育」から

 

※「今」を感謝できない人は、どんな恵まれた環境が与えられても感謝できない。

 

という事は、自分の為に今を感謝する人間にならないと、

 

仕事を頑張っても、困難に立ち向かっても、家庭でがんばっても、なんか心が晴れないわけですね。

 

10このうち、3こあれば、その3こに感謝しましょう!

2この人から比べれば、ほんとうに幸せです。