一流から超一流になるには、まず自分の専門分野において一流でなくてはいけません。

 

ある程度、自分の仕事を極めた人が、より広い見識を身につけるからこそ、超一流に成れると言われています。

 

自分の専門分野だけで戦っている人は、どれだけ優秀でも一流の域を出ることはありません。

 

ジャンルを問わず、超一流の人に共通するのは、何気ない会話の中でも相手の分野に興味を持てる人、相手の世界でやりとりができることです。

 

いつも相手の会話に耳を傾けて、相手のフィールドのことばかり、話題しています。

 

これはどういうことかというと、やはり、より広い世界をみにつけようと思ったら、おのずと

「私」を離れて「公」の立場に立つことになります。

 

そこに「公」に生きようとすると、必然的に生まれるものがあります。

 

それが「志」です。

 

超一流の人はどの分野に生きていようが、世の中の様々な問題を解決することに

大きく貢献しようとされます。

 

「私」から「公」、「公共」の主観に持っていけることが超一流の証だと言えますね。

 

それには、やはり、意識的に利他の心を持つようにすることだと思います。

 

何気ない会話で傾聴する、何気ないやり取りで気遣う、何気なくゴミを拾う、

日々相手に立つことが修練となり、志が芽生えることだと思います。

 

そうして、人生の幅を広げるからこそ、生き甲斐が生まれてくるのでしょう。