2014年

12月

27日

年末の泊まり込み

毎年、12月28日~30日にかけては恒例のおせちの入出荷作業に追われます。

今年は3社のお客様のおせちが入ってきます。


100坪ほどあるセンターがいっぱいいっぱいになるのですから、すごい量のおせちです。。。


この日ばかりは専務も3日間入出庫作業に張り付きっぱなしで、

社長に限っては会社に2日間泊まっておられます。


正月のメインイベントのおせちだけあって、取り扱いも、ど真剣です!!!


センターは消毒も完了しました!

さ~あとは入荷を待つばかりです!


気合い入れて、頑張っていきましょう!




2014年

12月

19日

会社の生存率

先日、会社を創業してから倒産するまでの生存率が書かれた資料を見つけました。


それによると、

設立1年目で倒産せずに存在している確率は40%

設立5年目になると15%(100社中15社)

設立10年目になると6%(100社中6社)

設立20年目になると0.3%(1000社中3社)

設立30年目になると0.02%(10000社中2社)

というデーターらしいです。


ということは我々の創業は平成8年なので18年が経過しています。

あと、2年で1000社中、3社という生存確率の仲間入りです。


そこで我々も18年を振り返り、発展と衰退の分かれ目は何かと考えてみました。

もちろん、それらは社会やお客さまにとって価値がある商品はあるかどうかだとは

思うのですが、それだけではないような気がします。


我々の経営理念にも書かれてますように、誰のため?といういちばん最初に

「従業員とその家族の物心両面の幸せ」の追求とありますように、

従業員にとって価値があり続けるものでなければ会社を存続させることはできません。


素晴らしい商品を開発するのも従業員、それを作るのも従業員、それを売るのも

従業員です。

そして、その会社を運営するのも従業員です。

その方々の居心地が悪く、幸せに逆行してる環境では従業員が去ってしまいます。

従業員にとって価値のある会社作りをしていくことこそ、もっとも大事な経営者の努めなのでしょう。


そして、それは何をやったら価値があるとか、ここまで報酬を出したら価値があるとかではなく

『経営者が現状でできる最大の真心を従業員に向け続けること』だと思います。


わが社の環境も待遇も決して良いものではありません。

 しかし、それは到着点でなく、これからもっともっと従業員にとってよりよい環境づくりにしていきたいという気持ちが根底にあっての過程です。それが、「現状でできる最大の真心」でなければいけないと思います。そしてそれらは意図してやるものでなく、素直に真心をしめせるくらいの器がなければいけないと思います。


それを一人一人に対して、公私の区別せず、出来る限りの範囲で真心をむけていけば、従業員の皆さんもそれぞれの価値を会社に見出してくれるのかと思います。


いくら会社に素晴らしい条件が揃っていても、そこを無視した経営をしたため

この世からなくなっていく会社は多いなと感じます。


我々も謙虚にしておごらず、従業員のための会社、そして従業員あっての会社を

改めて肝に銘じたいと思います。


はじめての投稿 片岡


2014年

12月

16日

カッティング完成!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お得意先に創業が文政元年(1818年)という酒類販売老舗の「おまっとう」という会社があります。

 

12年ほど前からお取り引きを開始し、当初は週に3回ほど配送のお手伝いをさせて頂いてましたが、

現在は専属で4台ほどの車両を入れさせて頂いてます。

従来は平ボディーの2トントラックでした、今回はボトルカー仕様の2トンベースで、

平面を使用し、会社名や商品名を入れて、宣伝効果も出して行こうという事になりました。

(上記写真)

 

これはベースの状態でして、今後はここにデザインなどを施していこうと考えています。

 

弊社では以前から、トラックの平面を「動く広告塔」の価値があると考え、

カッティングマシーンを購入し、お客様の要望に応えた文字をデザインし車両に張り付けて

参りました。

これは大変喜ばれるサービスの一つです。

 

看板屋さんのような外注に出すと、結構高い値段がつくので、我々と気軽にデザインや宣伝文句などを考えながら作成し、切り貼りしてけるのはなかなかの付加価値だと自負しています。

 

今後は上記の「おまっとう号」を市内でお見かけすることだと思いますので、

お酒の事ならお気軽に「おまっとう」電話075-871-0138かもしくは「おまっとう」の乗務員に

お声掛けください!!!


2014年

12月

06日

第28回主要メンバー勉強会 「行動の力」

私達の「行動」は、様々な出来事や結果を作り出すだけでなく、私達の気
持ちや考え方にも大きな影響をおよぼしています。

ここでいう行動には、動作や表情、姿勢なども含まれます。

一つ実験をしてみて下さい。

まず、深刻な表情を作り、その表情のままうつむき、猫背の姿勢で、ため
息をつきながら、何秒間かじってしてください。
多くの人は、気分が沈み、心配事などが頭に浮かんだり、マイナス思考が
頭を占めたりするはずです。

次に、自然な微笑を浮かべ、胸を張って、前方の少し上の方を見ながら、
好きな歌でも口ずさんでみてください。
多くの人は、明るい気持ちになってきて、前向きな考えが頭に浮かびやす
くなるはずです。
「もう少し続けたい」と思う方もいらっしゃるでしょう。
仕事に向かう活力を取り戻す人もいらっしゃると思います。

このように、私達の行動は、私達の気持ちや考え方に影響を与えるのです。

「やる気になったら行動する」と言う人がいます。
こういう人は、「やる気」という不確かなものに依存してしまっているの
で、「今日はやる気が出なかったので何もできなかった」という結果にな
りがちなのです。

順番を逆にするのが幸せな成功者の生き方です。

「行動すると、やる気が後から湧いてくる」のです。
例えば、
「やる気になったら企画書を作ろう」
「いいアイディアが浮かんだら企画書を作ろう」
なんて考えてるうちに、ドンドン日が経っていくのですが、・・・

とりあえず着手(行動)してみるのです。
とりあえずパソコンのスイッチを入れて、ワープロを開き、最初に「企画
書」という文字を打ってみるのです。

今の時点で思いつくことを、何でもいいから書き出してみるのです。

そうした行動を起こした結果、やる気やアイディアが湧いてくることが、
よくあります。

行動が心に影響を与えた結果、そうなるわけです。
まず行動から入る!
このやり方は、形から入るので形入法ともいいます。

また、この原理を心理療法に応用したものが「行動療法」です。
(有名な森田療法も、この行動療法の一つです)

そのほか、精神科医の和田先生の書籍にも書かれていました。

何か目標を立ててもなかなかやる気にならない場合は、やる気になるのを

待つのでなく、目標達成に近づくであろうどんな些細なことでもいいから

まず、行動を起こしてみましょう。という事でした。

一般的に、心を変えるのには時間がかかります。
特に考え方のクセなどは無意識層に定着しているので、変えるのに時間が
かかることが多いのです。

しかし、行動は今すぐ変え始めることができます。
今すぐ実践し始めることができるのです。

そして、行動を変え、それを習慣にしていくと、心まで変わってくるわけ
です。

とにかく着手してみましょう!

やる気が充分には湧いてこなくても、やった方がいいとわかっていること
は、最初の行動を起こしてみましょう!

最初の行動として、何から始めたらいいか分からない人は、「キッパリ!」
という本の表紙のポーズ(↓)を、まずやってみるのもいいと思います。
行動の第一歩に!

※両足でしっかり立ち、片方の手は腰にあてて、目線は45度上を見て
口を閉じて、もう片方の手は握り拳をつくり、天高く突き上げる
(簡単に言えばエイエイオーのポーズ)