5日からの集中豪雨により、当社の付近を流れる桂川もこのような状態です。

 

5年前に氾濫した嵐山の水害を思い起こさせるような風景です。

 

既に各地で被害をもたらしており、当社でも緊迫した状況が続いております。

 

これ以上、被害が広がらない事を願うばかりです。
 
 当社でも先ずは一番の財産であるドライバーの安全確保を第一に考えております。
 
 避難勧告、避難指示が出された地域の皆さまは、常に最新の情報をつかんで、命を守る為の行動を取って下さい。

 

斉藤 剛