2018年

9月

07日

災害から学ぶ

 

 

 

今年は関西及び西日本は地震、台風による災害が相次いでいます。

 


また、北海道でも大きな地震が発生しました。

 


災害は忘れた頃にやってくるとよく言ったものですが、日頃から非常時に備えてあらゆる準備をしておくことの重要性を感じます。

 

この災害が原因で、経済活動に支障が出ている企業もあるなかで、

 

 

社長の仰った言葉に

 

 

「確かに今、世の中・自然に異変がおきているが、こんな時こそ能動的主体性を持ってどんどん進化・創造をしなければならないのだ」と、、

 

我々社員はこの言葉を肝に銘じて、日々業務していく必要があると痛感しました。

伊東

0 コメント

2018年

9月

05日

台風21号・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年に入り、大阪北部地震、西日本豪雨災害、そして今回の台風21号といい、近畿が大きな自然災害に見舞われています。
 
 これまで私は、「大阪や京都は何だかんだいっても大丈夫だ」という慢心がありましたが、昨日の台風では、外に立っているだけで恐怖を覚え、改めて災害に対する備えの大切さを痛感させられました。皆さんの状況はいかがでしょうか?

 当社では、サイドミラーに風で飛んできた物が当たり、破損するという事案があったものの、怪我人は0で乗り切る事ができました。

 都会は、自然災害には脆弱で、人間は自然の猛威の前にはなすすべはないのかも知れません。そのような中にあって、我々の行う食品物流は人々のライフラインを支え、人々の生活の基盤となるのだと、災害の度にその責任感を覚えます。だからこそ、『どのような状況であっても安全に品物をお届けする』為の工夫、対策等の努力を惜しんではならないと思います。

 

0 コメント